2017 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 10

Ektar現像

 【23//2015】

DSC_0144s
HEXAR RF / COLOR-SKOPAR 35mm F2.5 PII(Kodak Ektar 100)



DSC_0152s
HEXAR RF / COLOR-SKOPAR 35mm F2.5 PII(Kodak Ektar 100)



DSC_0162s
HEXAR RF / COLOR-SKOPAR 35mm F2.5 PII(Kodak Ektar 100)



DSC_0165s
HEXAR RF / COLOR-SKOPAR 35mm F2.5 PII(Kodak Ektar 100)



先日、初使用したEktarが現像から上がってきたので早速デジタル化してみました。
印象としては彩度、コントラストがしっかり出ており、自然な色合いでGOLDより満足の一言。
つかGOLDは彩度が低すぎかな。
被写体を選ぶというか作品作りを意図するなどちゃんと目的を持って撮るなら、面白いかもしれませんが。

さて、このEktarですが、現像がちょっと特殊です。
初めて現像に出したんですが、仕上がりまで約一週間かかりました。
一週間って…ポジフィルムより長いぞ、おい。

ネットで色々調べた結果、
どうやら「Ektar現像」たるものが存在するらしく、DPE屋で現像するのではなく、
外注でKodakと契約のあるKJイメージングに送還されるそうな。
お店によっては店内で仕上げてくれるとこもあるらしいですが。

そもそもKodakのネガ現像はC-41という方式を採用しているらしく、
Ektarも当然このC-41現像方式に対応しているはずなんですが、
特に指定無しでそのまま純正仕上げをお願いすると「Ektar現像」に強制送還される模様w

せっかく良いフィルムなのに毎回一週間もかかるのかよー(´・ω・`) と思ってたんですが、
お店で受け取る際に「これって毎回一週間かかるんですか?」と聞いてみたら、
お店でも現像は出来きますよ…とのこと(;・∀・)?

初めから言ってくれw

どうやら、値段も時間も通常のネガと同じ時間だそうな。
仕上がりに関してもお店で現像するのと「Ektar現像」との差はあまり無いらしいのですが、
大人の事情なのかその点は濁してる感じでしたw

次回からお店で現像しますわw


Category: 未分類

Tags : HEXAR_RF COLOR-SKOPAR_35mm_F2.5_PII

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

Commentform


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks