2014 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2014 12

京都旅行記 2014秋 初日(南禅寺天授庵ライトアップ編)

 【29//2014】

初日の永観堂での撮影は、閉門1時間前に到着した為、正味1時間弱程度にとどまりました。

別途、17時30分からライトアップの拝観受付が開始されましたが、

長蛇の列の為、受付場所の外側の境内から撮影を済ませました。

正直なところ、外側からでも十分綺麗なライトアップが撮れたので、

わざわざ並んでまで撮影する必要は無いかなと個人的に思いました。


撮影を一通り終えたので、一旦ホテルに戻ろうという話となったのですが、

蹴上駅までに通りかかる南禅寺三門奥で何やらオレンジ色の明かりが見えるではないですか。

何だろうと思って行ってみると、これまた行列が。

どうやら、南禅寺天授庵でもライトアップをやっていたらしく、

列の先頭から最後尾までがそこまで長くなかったので、並んでみることにしました。

結果、10~15分程度で、列は動き拝観受付を済ませることができました。

永観堂のライトアップはえらく並んでましたが、何気にこちらの方が撮影もゆっくりできて、特した気分となりました。


resize1413
α7S / Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS



resize1412
α7S / Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS



resize1418
α7R / Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA


天授庵とは南禅寺の塔頭になりますが、

いかんせん無知なものですので、塔頭とはなんぞ?と調べてみましたが、

「禅寺で、祖師や大寺・名刹の高僧の死後、その弟子が師の徳を慕って、
塔(祖師や高僧の墓塔)の頭(ほとり)、または、その敷地内に建てた小院である」wikipedia引用

だそうです。つまり高僧のお墓ですね。こんな立派なお墓といい、色々とお寺はロマンがあって良いですな。


resize1414
α7S / Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS



resize1419
α7R / Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA



resize1416
α7R / Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA



resize1417
α7R / Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA



resize1415
α7S / Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS




Category: 未分類

Tags : α7S α7R Vario-Tessar_T*_FE_16-35mm_F4_ZA_OSS Sonnar_T*_FE_55mm_F1.8_ZA

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

京都旅行記 2014秋 初日(永観堂禅林寺編)

 【27//2014】

今年も京都に行ってきましたよー!



去年は、たまたまシフト都合で4連休を取って、12月上旬終わりに行った為、

一足遅く、紅葉はどこの寺もほぼ散っておりましたが、今年はしっかりと時期を見定めました。


今回はこの時期一番に混むと言われていた3連休のうち、

最終日11月24日(祝)から、2泊3日(24~26日)を使って、紅葉を撮ってきました。


今回の持参機材は以下
■ボディ
α7R
α7S
・GR

■レンズ
・135mm F2.8 [T4.5] STF
・Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA
・Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS


何気に上記レンズで紅葉を撮るのは初ですね。

当初、7Rと7Sどっちを持っていくか迷いましたが、

STFはF値(実際にはT値)が暗いので、ライトアップの撮影も考慮し、

両刀としました。

結果として、重くて大変でしたが、持って行って大正解でした。


ということで、まず初日は本命の永観堂禅林寺を撮影。

「もみじの永観堂」と言われている通り、このお寺の紅葉っぷりはパないですw

去年の撮影は何だったのかと思いましたw

都内や都内近郊でも紅葉の名所はありますが、失礼ながら、比じゃないですね。

3連休の最終日だから、土日に比べ、引きも早いだろうなんて高を括ってましたが、混みまくりですwww


大宮のホテルに14時過ぎにチェックインして、出発したのが14時50分頃。

余談ですが、この時期の市内のバスは激混みするらしいので、ほぼ車が動かないようです。

なので、今年は永観堂までの移動手段は電車と徒歩移動。

相変わらず、京都初心者なので、当初バスで移動しようかと考えてましたが、

一緒に行った友人の事前調査のおかげで助かりました。

「いかんせん、指揮官がなんにも調べちゃいねえもんだから。」と大泉洋が藤やんをいじってる状態ですね。


永観堂禅林寺までの電車でのアクセスですが、

最寄駅は市営地下鉄東西線「蹴上(けあげ)」駅から徒歩15分程度。

南禅寺の方が近いですね。


前置きが長くなりましたが、2台分大量投入しやすw

resize1390
α7S / 135mm F2.8 [T4.5] STF



resize1404
α7R / Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA



resize1391
α7S / 135mm F2.8 [T4.5] STF



resize1395
α7R / Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA



resize1393
α7S / 135mm F2.8 [T4.5] STF



resize1392
α7S / 135mm F2.8 [T4.5] STF



resize1396
α7R / Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA



resize1394
α7S / 135mm F2.8 [T4.5] STF



resize1408
α7R / Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA



resize1406
α7R / Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA



resize1397
α7R / Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA



resize1411
α7S / 135mm F2.8 [T4.5] STF



resize1400
α7R / Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS



resize1401
α7R / Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS



resize1402
α7R / Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS



resize1410
α7S / 135mm F2.8 [T4.5] STF



resize1407
α7S / 135mm F2.8 [T4.5] STF


ちなみに京都の寺はどこも三脚、一脚は禁止(当たり前ですが)なので、

STFでの夜間での撮影は7Sで何とか耐えましたが、

手ブレ補正内蔵のα7Ⅱとの組み合わせの方が

ノイズレスでクリアな画が撮れるのか気になったところではあります。


Category: 未分類

Tags : α7S α7R Vario-Tessar_T*_FE_16-35mm_F4_ZA_OSS 135mm_F2.8_[T4.5]_STF Sonnar_T*_FE_55mm_F1.8_ZA

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

SEL1635Z試し撮り in 代々木公園

 【13//2014】

先日のイルミネーションに続き、SEL1635Zの実力チェックを兼ねて、

代々木公園の紅葉具合を確認してきました。

毎年12月上旬あたりに撮影に来てますが、

一足先にどの程度の染まり具合か気になったので足を運んだ次第です。



紅葉と言えば、名所がたくさんありますが、地方にわざわざ行かずとも、

ピーク時の代々木公園の紅葉はかなり満足出来るレベルだと個人的に思ってます。

今回はまだ染まり始めという感じで一部赤に染まっていたり、散っている木々もありましたが、

もみじはまだ青い部分も多く、見頃はやはり11月下旬~12上旬ですね。


にしても、Lightroomのハイライトとシャドウの機能は便利ですね。

撮影当時は16時近くだったこともあり、曇り空で非常に空の表情がわかりづらく、

空の明るさに引っ張られることが多かったんですけど、

しっかりと雲の表情は出せるし、暗部を持ち上げても粘りますね。


ま、いつものことですが、

RAWで適当に撮ってるといつまでたっても腕が上がらないですw


resize1375
α7S / Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS



近接描写も結構良いです。

resize1376
α7S / Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS



resize1377
α7S / Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS



水平曲がったw

resize1378
α7S / Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS



resize1379
α7S / Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS



resize1380
α7S / Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS



resize1384
α7S / Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS



resize1386
α7S / Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS



resize1388
α7S / Makro Planar T* 2/100 ZF.2



resize1381
α7S / Makro Planar T* 2/100 ZF.2



resize1385
α7S / Makro Planar T* 2/100 ZF.2



resize1382
α7S / Makro Planar T* 2/100 ZF.2



resize1383
α7S / Makro Planar T* 2/100 ZF.2


Category: 未分類

Tags : α7S Vario-Tessar_T*_FE_16-35mm_F4_ZA_OSS Makro_Planar_T*_2/100_ZF.2

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

SEL1635Z試し撮りがてら新宿サザンテラス イルミネーション 2014

 【12//2014】

個人的に毎度、新しい機材を試すのが

ほぼ新宿夜景なんですが、

イルミネーションの時期とちょうど被りましたので、便乗しました。


まだ今年は始まってないかなーと思ってたんですが、

サザンテラスはやはり早いですね。

しかも例年イルミネーションがほぼ同じだったんですが、

今年はガラッと変わってました。

ちなみに広角だけでは心もとないので、HELIAR classic 75mm F1.8も持参。




今年は個別でカラフルに配色してました。

resize1361
α7S / Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS



肝心のSEL1635Zの第一印象ですが、レンズが割と大きいのと

AFが合ったかと思って拡大したら、ピンボケしてたりとDMFで微調整が必要な場面が何度かありました。

ま、AFに関してはAFを合わせる場所や夜だからということもだいぶ起因しているかと

思いますので、日中であれば問題ないでしょう。




例年は青一色のLEDのイメージですが、今年は黄色と提灯のような飾りがついてます。

resize1362
α7S / Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS



玉ボケも悪くない印象。前評判でボケ味が良いと聞いていましたが、その通りでした。

resize1374
α7S / Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS



開放からシャープな写りなので、F4でほぼ撮りっぱなしでした。

resize1363
α7S / Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS



resize1372
α7S / Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS



resize1370
α7S / HELIAR classic 75mm F1.8



resize1371
α7S / HELIAR classic 75mm F1.8



数年前から登場し始めたSuicaペンギンですが、今年は和がテーマなんですかね?

resize1373
α7S / HELIAR classic 75mm F1.8



resize1364
α7S / HELIAR classic 75mm F1.8



HELIARさんは玉ボケがカクカクw

resize1366
α7S / HELIAR classic 75mm F1.8



resize1367
α7S / HELIAR classic 75mm F1.8



resize1365
α7S / HELIAR classic 75mm F1.8



Category: 未分類

Tags : α7S Vario-Tessar_T*_FE_16-35mm_F4_ZA_OSS HELIAR_classic_75mm_F1.8

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る

無題

 【04//2014】

resize1360
α7S / 135mm F2.8 [T4.5] STF

Category: 未分類

Tags : α7S 135mm_F2.8_[T4.5] STF

Comments (0) | Trackbacks (0) | トップへ戻る